タイ古式リラクゼーション RI-RU

トップページ

営業時間 11:00~19:00(最終受付18:30) ※時間外対応可
電話番号 019-613-3242

お知らせ

タイ式とは

約2,500年前インドの僧侶がタイに移動した際に仏教も伝われたのですが、それと共にタイ古式の技術も伝わったと言われています。
シヴァカ・クマール・バッカ(shivagakomarpaj)というインドの医師がサンガと呼ばれている仏教集団の専任の医師でもあり、タイ古式を作られた人と言われております。

タイ古式はインドで有名な「アーユルベーダ」を元とし、中国の指圧・経路やチベットの伝承医学などの影響を受けながらお寺で保護され仏教の教えと共に今日まで発展してきました。

タイ古式は「セン」と呼ばれる体のラインに沿って主に施術していきます。センラインには不思議なエネルギー(プラナー)が流れていると言われています。
肉体や精神に不調が起こった場合は、プラナーの流れがうまくいっていない状態と考えられています。
タイ古式によって「セン」に刺激を与えプラナーの流れを良い方向に持っていくことが大事とされています。

足は第二の心臓と言われているように、足の裏や甲には全身をコントロールする神経が集中しています。
足の裏からゆっくりと時間をかけて施術をしていくのがタイ古式の特徴です。

タイ古式では、相手を思いやるという思想があります。
気持ちよくなっていただくでけではなく、お客様に敬意を表し、心を込めて施術致します。
その為、当サロンでは施術の初めと終わりに合掌を行っております。